スポンサーサイト


【スポンサードリンク】



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ggplot2で回帰直線付き散布図を描く方法 さらにクラスごとに色分けもした(1)


【スポンサードリンク】



ggplot2で散布図+色分け+回帰直線を書いてみました。
用いたデータはRで用意されているmtcars。
変数は以下です。

【データの変数についての説明】


mpg: 燃費(Miles/(US)gallon)
hp: 馬力
wt: 重量(ポンド/1000)


【散布図と回帰長線】


geom_point() : 散布図をかく
stat_smooth(method = “lm”):回帰直線


Rplot25.png

stat_smooth(method = "lm", se = FALSE)
とかくと、標準誤差は表示されなくなります。

Rplot26.png

Wt(重量)で色分が簡単です。とってもわかりやすく表現することができました。


【ちなみにwtのヒストグラムはこのようでした】




Rplot03_2014070621353973c.png

コメント


管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。