スポンサーサイト


【スポンサードリンク】



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Rで時系列データを格段に扱いやすくする"xts型"を試してみた!


【スポンサードリンク】



Rで時系列データを扱うためのいろいろなクラスがあります。
ネットで調べてる時に、ts とか zoo とか よく見かけます。
なかでも、xtsというクラスが便利らしい!難しいことはよくわからないが。

ということで早速試してみました、xtsパッケージ!

【data.frame型からxts型へ変換する】



csvファイルを読み込むと、data.frameというクラスになっています。

data.frame型から扱いやすいxts型へ変換する。


xts型にすると、以下のようなことが簡単にできるようになります!

【日付を指定してでデータの抽出】




【指定した期間ごとに集計】




【データが何日分,何週分あるか調べる】




【マニュアル】


http://cran.r-project.org/web/packages/xts/vignettes/xts.pdf
http://cran.r-project.org/web/packages/xts/xts.pdf


【スポンサードリンク】

コメント


管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。